『WordCamp Kyoto 2017』で聞いたよしぱんさんのブログの話。


2017年6月24-25日京都大学にて「WordCamp Kyoto 2017」が開催されました。
1日目に参加してきました。初参加^^

本当は『WORDCAMPってどんなん?』って思ってる方向けに書こうとしてたんですが、書いてるうちによしぱんさんの話になってしまったので、ほぼほぼブログについての話です笑。

144

まず感じたこと・・京都大学は広い。
初めてやって来ましたが、門をくぐり、とりあえず進んで左に曲がったら迷いました・・逆だった^^;
15分ほどさまよい歩いてやっと会場のある「国際科学イノベーション棟」に到着。朝10時です。

スポンサードリンク

よしぱんさんのふんわり笑顔に癒される

17

開会式がおわって、聞きたいセッションの選択。
3つのセッションが同時進行なんですよね・・結果的に選んだのが、こちらのセッションでした。

『のんびり更新でゆるゆるとアクセスを伸ばす方法』
登壇者:よしぱん

育児ネタ、WEB制作ネタなどを中心に、毎月10万PVのアクセスをコンスタントに叩き出しているという人気ブロガーさんです^^
よしぱんさんのWEBサイトはこちら→よしぱんWebデザイン

教室みたいな部屋に入ると・・
壇上で、にこやかな笑顔の女性の方がこっちを見て軽く会釈してくださいました。

よしぱんさんです^^
今回一人きりの参加で心細く感じてた僕の心がふわっと解きほぐされた気分になりました。

前述したようにセッションは同時進行で3つあったので、どれにしようか場の雰囲気をみてまわってたのですが、よしぱんさんの笑顔をみて迷い払拭。
やっぱり第一印象って大事なんだな〜ってこの時おもいました・・

よしぱんさんのブログ論

166
(登壇する笑顔のよしぱんさん^^)

ではここから内容へ。
僕の備忘録というか、当日メモの書き写しではありますが・・
ブログを書く上でどれもこれもふむふむと思いましたのでご紹介します!
(※メモの内容からなので、自分の言葉に置きかえてますmm)

ブログを見に来る理由は、悩みごと、調べものに大別される。
それをひと記事でバシッと解決してあげること。

検索するといったら調べものや、悩みごとですよね。
それを、その記事完結でバシッと解決してあげる。バシッと!
(解決できなければ、またあっちこっち行ったり検索し直したりすることになりますからね・・それって疲れます)

記事タイトル&ディスクリプションは、記事を書きながら、もしくは書き上げ後に決める。
記事を書く前に大体テーマは決めますが、記事タイトルディスクリプション(「description」metaタグ)に関しては最初に決めてしまわずに、記事を書き終えたあとで見直したほうが良さそう。
そのほうが内容に添った適切な言葉を選ぶことにもなるし、新たな気づきもあるかもしれません。

ペルソナ(想定読者)をしっかりイメージする。
その記事はだれに向けて書いているのか、読んでくれる人を具体的にイメージする。
これにより前述のタイトル&ディスクリプションに入れる言葉も変わってきます。

記事公開1か月後とかに改めて何のキーワードで来てるのか、調査する。
それに伴いタイトル変更&本文テコ入れする。

記事公開後、ほったらかしのままはもったいない。
後からメンテナンスすることによって、さらなるアクセスを呼び込む記事に育ちます。

季節コンテンツであれば、毎シーズン前に見直す。
テコ入れ、追記などをして鮮度を保つ。

季節の事柄といえども、何年も前に書かれた記事よりも最新で更新されてる記事の方を人は選びます。
その年の情報に修正しておくことで、毎年アクセスが稼げる記事となるわけです。

おおよそアクセスの8割は、全記事中の2割の記事である。
残りの8割の記事は好きなことでよい。

がんばって全記事良い記事を書こう思わなくて大丈夫ってことですね。
本気の記事は2割で良いと決めたら肩のちからが抜けます。

そして、
登壇者よしぱんさん自身が書かれた後日談のブログ記事がこちらです。
しかもスライド付き!^^

スライド見直したら、そういえば…って内容もいっぱいありました・・
しかも僕のブログの紹介までしていただいて…おはずかしい、光栄すぎます^^;

さいごに

よしぱんさんブログのアクセスの9割はスマホ・・
育児ネタを読まれるようなママさんのほとんどはスマホからということです。
こういった分析・調査をすることによって、読んでくれる人のスタイルに合わせたカスタマイズが出来ますね。

ブログの方向性について・・
育児ネタだけとせず、ほかのネタ、デザイナーネタを一緒にしていることによって相乗効果が生まれるとのことでした。
ママの気持ちがわかるデザイナーさんに頼めば安心!みたいな例があるようです^^

以上なんですが・・

この記事の想定読者ってなんだか自分じゃねえか・・

と感じつつも、僕と同じような感覚の人がいると信じて公開…!!
(そしてよしぱんさん・・必要以上にお名前を連呼してしまった記事でなんだかすみませんでした…^^;)

ありがとうございました^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク